2024年6月より 診療報酬制度改定にてのお知らせ

2024年6月より 以下の診療加算につてご説明いたします。

<明細書発行代制管理加算について>

当院では医療の透明化や患者様の情報提供等で推進する観点から

領収書発行の際に 個別の診療報酬の算定項目掲載の明細書を

無料で発行しております。明細書に 使用した薬剤 検査等を

記載しております。明細書発行を希望されなければ 受付事務職員に

その旨をお伝えください。

<一般名処方加算について>

当院では後発医薬品について医療薬品安定供給を鑑み 処方薬を

特定薬品名でなく薬剤成分が同等な一般処方を原則行います。

一般名処方とは薬の商品名でなく薬の原形の処方名です。

後発品薬では 処方名は異なることがありますが

先発品処方薬と変わりはないものとご理解ください。

一般処方によって希望される処方薬の供給不測の際も

調剤薬局より処方に関して対応について利点もあります。

一般処方についてご不明な点がございましたら

診察時に医師にお問い合わせください。

<医療DX加算について>

当院では以下の医療DX推進体制を整備 推進します。
1)オンライン請求を行っています

2)オンライン資格確認を行い 患者さんにも推奨します

3)電子資格確認した診療情報を活用 必要に応じ閲覧体制を整えております。

4)マイナンバーカードの健康保険証の活用しやすく 当該医療機関の視認しやすい掲示をしております。

<医療情報取得加算について>

オンライン資格システム原則義務化にて当該システムの導入している医療機関です。

マイナンバー保険証の利用を積極的に推進し 診療情報の獲得 活用にて 質の保たれた

患者さんのへの医療を行います。マイナンバーカート保険証の利用をぜひともお願い申し上げます。

なお 公費負担受給者証につきましては 現行のマイナンバーカード保険証では対応ので

持参をお願い申し上げます。

<感染対策予防について>

受診歴の有無を問わず 発熱患者さんの受け入れを行います。

必要な対策として

院長が中心となりクリニックスタッフ全員で 感染症マニュアル 指針に沿った対応に努めます。

医師会との連携を強化し指定の感染症対策研修会の参加します。

発熱 感染症を疑われる患者さんには 処置室に速やかに移動 ベッド待機をお願いし

一般受信患者さんとの導線分離をいたします。

抗菌薬について厚生労働省のガイダンスに諮り 適正使用をいたします。

<処方薬長期処方について>

患者様の病状 投薬処方薬に応じて 病状により28日以上の 処方薬長期投与
リフィル処方を行います。